益田市BBQグリル
本文へ移動

石州瓦について

石州瓦で快適

ここでは、屋根に求められる5つの性能と石州瓦の性能について解説していきます。
屋根の性能には断熱性能、防露性能、防音性能、発生音遮断性能、耐熱伸縮性能の5つがあります。
これらの性能は、住まいの快適性や省エネ性を左右する大切なものばかりです。

石州瓦の耐熱性

夏涼しく、冬暖かい。これが理想の住まいです。
屋根は、夏の太陽光線が容赦なく降り注ぐ場所。
まず屋根で太陽の熱線をどこまでくい止めるか。
屋根材の種芙頁によっては、お部屋の体感温度が1度や2度も違います。
これって家庭の燃料コストにも大きく影響しますよね。
石州瓦は屋根材の中でも、特に熱を遮断する力に優れ、夏涼しく冬暖かい住空間を創ります。

石州瓦の遮音性

現代の暮らしの中で避けて通れない騒音問題。
静かでやさしい時間が流れる住まいの空間、ぜひ欲しいですよね。
屋根からの騒音、お困りの方も多いでしょう。
特に屋根を叩く雨音、これは屋根材によって大きく違います。
これだけは認識しておいてください。
屋根の遮音性は「1.音を通しにくい材質 2.音を通しにくい形状 3.屋根の施工方法」
によって決まります。
石州瓦の遮音性は透過損失が28.0dB。
石州瓦の優位性が認められます。
→音の透過損失って何?
ある周波数の音が例えば壁などを通過する際に、音が損失する程度を表す指標が透過損失。
この数字が大きければ大きいほど遮音性能が優れていることになります。
石州瓦の透過損失は、1000Hz の周波数の音を透過した時の試験値で28.0dB。
石州瓦の優れた遮音性が認められます。

環境に優しい

環境に優しい事もこれからのテーマです

最近、環境への配慮が避けて通れない課題となっています。
屋根もまた例外ではありません。
リサイクル利用できる屋根材を使用する。
これが地球の環境負荷を軽くします。
粘土瓦は、やがて自然にかえる素材。有害なものは含まれていません。
もちろん、アスベストも混入は0。人体に全く影響はありません。
さらに地球にやさしい住環境造り、快適性と省エネにもつながる屋根を選ぶならやはり粘土瓦、
中でも石州瓦がお勧めです。

石州瓦にアスベストが入っていない訳

それは原料土の構成物質とその組成、そして焼成温度の2つから説明できます。
少し難しいですが、命にかかわることですので紹介します。
→まず構成物質
石州瓦の原料は「層状ケイ素酸塩鉱物」の「カオリン鉱物」を主要粘土としており、
他方アスベストは繊維状ケイ素酸塩鉱物の総称であり、結晶構造がカオリンの鉱物と大きく異なっています。
つまり、カオリン鉱物を主成分とする石州瓦の半占土に、アスベストが含有されている可能性はほとんどありません。
→決め手は焼成温度
もし、万が-アスベストが混入していたとしても、
石州瓦の1200℃以上という焼成温度が、アスベストを他の物質に変えてしまいます。
つまり1200℃以上の高温で焼き締められる石州瓦では、アスベストの存在はありえないのです。

石州瓦で省エネ

石州瓦の省エネはトータルバランス

石州瓦の断熱性は、より高い断熱住宅造りを支えます。
石州瓦の耐久性は、耐久性に優れた住宅造りを支えます。
石州瓦の自然性は、より効率的な省エネを提供します。

次世代省エネ住宅とは

1999年3月、エネルギー浪費による地球温暖化防止と居住空間のグレードアップのため、
住宅の次世代省エネルギー基準が設けられました。
これで快適な住まいに必要な断熱性能や機密性能が数値化され、目安となる基準値が設定されました。
つまり次世代省エネ住宅とは、地球環境にやさしい住まい造りと、
暮らす人にやさしい快適な住まい空間造りを実現するもの。
それが法的な基準をもったということです。

冬や住まいから逃げる「熱」を小さくする。夏は住まいに入る「熱」を小さくする。

住まいの温度は、屋根・天井、外壁・窓、床、そして換気などに左右されます。
冬季の屋根面から外へ逃げる熟の比率は17%、夏季の屋根面から室内に入る熱の比率は10%。
この熱の出入りを少なくすると、住まいの断熱、特に2階の部屋の断熱性が高まります。

住まいの遮断性能 無視できない屋根からの熱の出入り

石州瓦で葺いた屋根の遮熱性は優れています。
 
このグラフは、夏季において、同じ気象条件(外気温度、日射量)で、
石州瓦、化粧スレート、コンクリート瓦を葺いた時、
下地の野地板の裏面(内側)の温度を外気温度とともに示したものです。
野地板の裏面(内側)の温度が低いほど、つまり外気温度に近いほど、熱の伝わりは少ないことが判ります。
石州瓦は、温度が上がるピーク時の13時頃で、野地板裏面の温度が37度前後、
コンクリート瓦や化粧スレートはそれぞれ42℃前後と47℃前後、
石州瓦とは5℃、10℃前後の温度差があり、石州瓦の遮熱性が高いことが判ります。
石州瓦で葺かれたの住まいは夏涼しいことがお判りいただけたと思います。
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
㈱丸惣益田
  • 定休日
株式会社丸惣益田
〒699-5132
島根県益田市横田町413-1
TEL.0856-31-5115
FAX.0856-25-2100
1.屋根施工業
2.総合屋根材販売
3.薪ストーブ販売施工
4.外装建材販売
(株)丸惣益田
薪ストーブショップいわみ
TOPへ戻る